So-net無料ブログ作成
検索選択

謹賀新年2013 [その他]


謹んで新春のお喜びを申し上げます。
輝かしい新年を迎え、皆様のご健康と ご繁栄を心よりお祈り申し上げます。

平成二十五年元旦

メンバー全員作りました。 [その他]

ちょっと前の話ですが、
とあるアプリを使ってメンバー全員を作ってみました。

ベースTakamasa。


ギターYou Sweet。


ギターrico。


ピアノa-sha。


ドラムSHUN。


で、これが僕。


似てますか?

極寒 アー写撮影 [その他]

Lucy Campanellaのホームページの写真が変わりました。
皆さん、見てくれましたか?
http://gakubrand.com/lucycampanella/
撮影当日はとても寒い日で、待ち時間はコートを着たり、ひざ掛けにくるまったり、温かい飲み物を飲んだりしていました。

そんな寒い中頑張ってくれたカメラマンのYくん。

前回ライブ写真を撮ってくれたのもYくんです。

Yくんの後ろ姿。

実はこのバッグ、欲しいなぁって思ってます。


Yくんの写真を撮ろうと思ったら、Takamasaくん乱入。


ピースが好きです。

新メンバーのSHUN。彼はやたら僕と意見が合います。
つまりいい子です。
その後ろで郷ひ〇みのモノマネをしている人物一名。


負けずと対抗。


寒くて小さくなるricoちゃん。
本当に寒かったんです。


うちの若手二人。若さがまぶしいです。


ひとの撮影の邪魔をするYou Sweet。
彼はずっとテンションが高かった。


そんな中、出来上がった写真がこれです。

トップページ以外にも変更した写真がいくつかあるので、ぜひ見てくださいね。
楽しい撮影でしたよ。

ね!

謹賀新年 [その他]




遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。

皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。




ルーシー カンパニョーラ [その他]

今日はLucy Campanellaのメンバーで花見をしました。
二人メンバーが来れなかったので、You Sweet、rico、Takamasa、a-shaと僕の五人でやりました。
場所は洲原公園。
ここは僕らの大学のすぐ隣にあって、毎年池の周りを綺麗な桜が咲くのです。

はじめ花見の企画が出たときに、
それじゃ、アゼリアにも行こう!という提案が出ました。
以前ブログで葵飯店のことを書きましたが、
このアゼリアも、僕らの大学時代の思い出のお店なのです。
イタリア料理のレストランなのですが、
僕らが揃って注文したのは「納豆ご飯」。
これは納豆と季節の野菜を、ふわふわの溶き卵で炒めてご飯にかけた料理。
値段もかなりリーズナブルなので、学生にとってはかなり嬉しいメニューなのです。
僕とTakamasaは大盛り。
更にパスタも食べたいよね、となり、
カンパニョーラというパスタも食べました。
だってほら、何となく名前が似てるでしょ?

アゼリアで満腹になった後、いざ洲原公園へ。
公園には屋台が並び、沢山の人がそれぞれの時間を楽しんでいました。
桜はまだ七分咲きでしたが、それでも十分に綺麗でした。
僕らはricoが持ってきてくれたバドミントンをしたり、
Takamasaが持ってきてくれた蝶の形をした10㎝くらいの凧で遊んだり、
近くにいた子供たちと戯れたりしました。
凧は上手く上がらず、みんな苦戦していましたが、
夕方近くになってようやくいい風が吹き初め、少しだけ上げることができました。
解散の前に桜の木の下で記念撮影。
家が近くの軽音の後輩が撮ってくれました。



スタジオ以外の場所でメンバーに会うのは楽しいです。
次はバーベキューかな。


僕の言葉に力がないので [その他]

今日は、父が撮影した実家の愛犬ステラの写真を載せます。

元気いっぱい。



走るのが大好きです。



空も飛びます。


父の愛情が伝わってくる写真たち。
ステラは僕が実家に帰ると、いつも喜んでくれます。
抱っこされるのが好きです。

Lucy Campanella Soliloquy PV [その他]



Lucy Campanellaの新曲「Soliloquy」のPV、本日公開です。
これでは小さいという人は、こっちを見てくださいね。
http://www.youtube.com/watch?v=E5xve4Zjlpw

井上 唯 展 「ここではないどこかへと」 [その他]


今日は、井上 唯 展を観に京都まで行って来ました。
唯ちゃんとはおよそ8年ぶりの再会。
織り機で丁寧に作った素材を部屋いっぱいにディスプレイする彼女の作品を見ていると、まるでどこか別の世界へ迷い込んだような気分になります。
ものを作るのではなく、空間まで取り込んだ創作とでもいうのでしょうか。
とても素敵な作品でした。
思い出話と近況報告を少しして、
多くの刺激をもらって帰ってきました。


YUI INOUE Solo Exhibition
「ここではないどこかへと」
2010.9.25(土) ~ 10.9(土)
京都市下京区 ギャラリーギャラリーにて開催中
12:00~19:00 木曜休み

旅などどうでしょう [その他]

お土産屋さんで色々とお土産をチョイス。
沢山買ったので宅急便で家に送ることに。
帰宅予定日の夜間指定にする。
荷物は増えないし、これは楽だ。

冷麺で有名な「ぴょんぴょん舎」に行く。
ところがあまりに混んでいた為、「ヤマト」というお店に変更。
ここもなかなか有名なところらしい。
冷麺と焼き肉をお腹いっぱい食べる。

更にその後、盛岡駅の側の商店街でコーヒーを飲む。
この商店街で、もうすぐ「よ市」と呼ばれる市が開かれる予定なのだ。
3時になり、車が通行止めになった商店街が人で溢れかえった。
いろいろと見て歩いたが、随分と安い。
揚げ物、野菜、織物、地ビール、海産物など、バリエーションも豊富だ。

道路脇にいらっしゃった賢さんとパシャリ。
だんだんと天候が回復してきたものの、岩手山の頂上は見えず。残念。


盛岡には、石割桜という有名な桜がある。
その名の通り、石を割っているのだ。

何でも昔、庭石の割れ目に飛んできた桜が芽を出し、
成長と共に石を割ってしまったのだという。見事だ。


8年前にも行ったラフランスという温泉に行く。
ここのロビーで以前「青三」という漬け物が売っていたのだが、
今日は残念ながら売っていなかった。
明日はどこへ行こうかと考えつつ、早めの就寝。

旅はまだ続く [その他]

携帯電話のアラームで起床。
7:00にセットしたつもりだったが、
実際にアラームが鳴ったのは8時だった。
軽くシャワーを浴び、髭をそり、荷物をまとめてチェックアウト。
太宰治展への未練がまだあったが、なんとかふりきって仙台駅へ。
駅ビルの中にあるカフェで、オレンジジュースとエッグサンドのモーニングセットをいただく。
名古屋では見かけないカフェだ。
パンがとても美味しい。昨日の朝もここにすればよかった。


10:30、東北新幹線「こまち」に乗車。
盛岡までは一度も止まらない。やはり新幹線は楽ちんだ。
GWということもあってか、車内には子連れの家族が多い。
電光掲示板には、全国各地の渋滞のニュースが流れている。

旅の友「樽」を読みながら、時々窓の外に目を向ける。
田園風景が広がり、遠くには雪山がいくつにも連なっている。
新幹線の中から見ている分には、
まさに「のどか」という言葉がふさわしい。
ところが盛岡が近づくにつれ、遠くの景色がかすんできた。
天候は仙台より悪いのかもしれない。
僕の中では盛岡も仙台も「東北」というくくりにしてしまっているのだが、
実際にはけっこうな距離があるのだ。

40分ほどで盛岡に到着。
外は小雨が降っている。

つづく